読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術を磨くだいぱんまん

ごはんと自由が大好き。

日本の滝100選に選定されている箕面大滝にハイキングしに行ってきた

おでかけ-登山 おでかけ

2016/8/14更新

こんにちは、だいぱんまん(@donchan922)です。

大阪の箕面市の箕面大滝にハイキングしに行ってきました。約3kmのハイキングコースで、所要時間でいうと40分程。ハイキング初心者の僕でも気軽に楽しめました。

今回はそんな箕面大滝をご紹介します。

箕面大滝について

「日本の滝百選」に選定されている落差33mの大滝。
その流れ落ちる滝の姿が、農具の「箕」に似ていることから、箕面大滝と呼ばれるようになり、地名の由来もここから来ていると言われています。
この滝は四季折々に応じて美しく変化しますが、特に秋は燃えたつ紅葉に、滝の音が冴えわたり、秋涼爽快、我を忘れるほどの見事さです。

■場所:〒562-0002 大阪府箕面市箕面公園
■アクセス:阪急箕面線「箕面駅」から北へ約400m
■URL:mino-park.jp


駅前のゆるキャラで癒される


箕面市のゆるキャラ、「たきのみちゆずる」が駅前でお出迎え。ゆるキャラの銅像の隣に、大きな地図が載っている看板があります。これを見て箕面大滝までのルートを確認するのがおすすめです。

道中は川沿いを進むので涼しい


箕面大滝の中に入っていくと、春だと新緑の木々が出迎えてくれます。秋には見事な紅葉が見られ、多くの人で賑わいます。


眼下には澄み切った川が流れています。道中はこの川と木陰がずっと続くので、涼しく爽快です。これなら、夏でもそれほど暑くならないんじゃないかな。


ハイキングしていると、趣のある建物にたくさん出会います。風景と調和していることでさらに魅力が高まっています。古い建物は自然と合いますね。


道は舗装されているので、歩きやすいです。

お猿さん発見


天然記念物のニホンザルを保護する看板。餌はあげちゃだめです。


と言っていたら、お猿さん発見!頭上彼方の木々を颯爽と駆け抜けて行きました。素早いぜ……

存在感ある看板


道中、ちらほら車が通っていましたがここからは通行止めみたいです。この看板が見えれば大滝までもうすぐ。この看板は風景と相まっていい味出してますね。

壮大な箕面大滝

遠目からでも人と比べるとその高さがよくわかります。滝壺近くに行くと、自然のミストが降り注ぎます。大滝は壮大で美しい。


お昼は是非大滝の付近で!


箕面大滝の周辺にはベンチがたくさんあるので、お昼を取るならここがおすすめ!大滝を見ながらお昼を食べている人が多かったです。マイナスイオンたっぷりな空間で、心も体もリラックスできました。

名物もみじのてんぷら


帰りに箕面大滝の名物、「もみじの天ぷら」を食べることに。これお菓子なんですね。どのお土産屋や売店でも売っていました。どこの店でもその場で揚げていたのが印象的。


味は、家で揚げたドーナツの味に似てました。パリッとサクッとしていておいしかったです。

まとめ

  • 難易度:易
  • おすすめポイント
    • 木々が生い茂っている&川側を歩くので、マイナスイオンたっぷり
    • 大滝周辺にお昼を取れるベンチでたくさんある
    • 名物もみじのてんぷらがおいしい

次はどこにハイキングしにいこうかな。

これまでの登山記録をまとめた記事はこちら

関西日帰りの山ベスト100選を僕の登山記録も兼ねて紹介する