読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術を磨くだいぱんまん

ごはんと自由が大好き。

ワイシャツのアイロンは自分でかけるべき!サラリーマンなら、年間約40,000円以上も節約できる

暮らし

f:id:donchan922:20160305180301j:plain

こんにちは、だいぱんまん(@donchan922)です。

サラリーマンに必須なのがワイシャツ。サラリーマンの僕は、毎週末に自分でワイシャツにアイロンをかけます。その理由は、クリーニング屋に頼むのと比べて、断然に節約できるから。

今回は、実際に年間でどれくらい節約できるのかまとめてみました。結論から言うと、約40,000円以上も節約できます!すごい!

クリーニング屋に頼むと年間いくらかかる?

f:id:donchan922:20160305180305j:plain

以下に主要なクリーニング屋のワイシャツ1枚のクリーニング料金を載せます。

  • 白洋舎:378円(税込)
  • ポニークリーニング:226円(税込)
  • スワローチェーン 208円(税込)
  • ロイヤルチェーン 183円(税込)

平均200円くらいですね。週5日勤務のサラリーマンを例に考えると年間で、200円×5日×4週×12ヶ月=48,000円もクリーニング料金がかかります。

この金額めちゃくちゃ大きいですよね。たかが1枚200円といえど、それが積もり積もるとこれだけにもなるんですね。このお金で高級なワイシャツ買えますよ。

でも自分でアイロンかけるの大変じゃないの?

慣れれば1枚5分でアイロンを綺麗にかけられます。毎週5枚のワイシャツにアイロンをかけるのに、30分もかかりません。それほど簡単なんです。

初めてアイロンをかける方におすすめの記事と動画を載せておきますね。僕もこれらを参考に、アイロンのかけかたを学びました。

アイロンをする際に必要なものも手軽に揃えられます。そのもの(電気代含む)とおおよその値段は以下のとおりです。

  • アイロン(2,000円)
  • アイロン台(1,500円)
  • 霧吹き(100円)
  • 電気代(年間1,000円)
  • 合計:4,600円(初期投資費用:3,600円+年間の電気代:1,000円)

初めの年は5,000円ほどかかりますが、次年度からは電気代(約1,000円)で済みます。

結局年間でいくら節約できる?

f:id:donchan922:20160305180257j:plain

  • クリーニング屋:年間約48,000円
  • 自分でかける:年間約1,000円(初年度のみ約4,600円)
  • 節約できる額:年間約47,000円(初年度のみ約43,400円)

これはもう自分でアイロンをかけるしかないですね。この余ったお金で新しいワイシャツやスーツを新調するのもありですね。

まとめ

これを機にアイロンがけを始めてみてはいかがでしょうか。

最後に、実際に僕が使っているアイロンとアイロン台をご紹介します。どちらもコストパフォーマンスが素晴らしい逸品です。


年間のスマホ代が7万円もお得になる「格安SIM」をわかりやすく説明する