読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術を磨くだいぱんまん

ごはんと自由が大好き。

持ち運びに便利なミニ三脚、Manfrottoの「PIXI EVO」を紹介します

おでかけ-登山 おでかけ

f:id:donchan922:20160311231132j:plain

2016/8/15更新

こんにちは、だいぱんまん(@donchan922)です。

先日、プレゼントにManfrotto ミニ三脚 PIXI EVO MTPIXIEVO-BKをもらいました。

  • コンパクト
  • 多機能
  • おしゃれ

と、いいとこ尽くめのミニ三脚だったので、ご紹介します。

PIXI EVOの高さと重さ

f:id:donchan922:20160311234802j:plain

PIXI EVO ペットボトル(500ml)
高さ 23cm 20cm
重さ 250g 500g

PIXI EVOの高さは、雲台(カメラの向きや傾きなどを調整する部分)込みで縮長23cm。500mlのペットボトルの高さとほぼ同じです。重さは250gで、ペットボトルの約半分。コンパクトなので、リュックにもすっぽり入ります。

開脚角度は2種類

レバーを左右に調整することで、開脚角度を変更できます。右にレバーを倒すと開脚角度は55°に、左にレバーを倒すと開脚角度は80°になります。開脚角度が80°(ローアングル用)だと、10.5cmまで高さを下げることができ、ローアングル撮影が行えます。

f:id:donchan922:20160312000027j:plain

こちらが開脚角度55°の状態。普段はこっちの方を使いそう。

f:id:donchan922:20160311235913j:plain

こちらが開脚角度80°の状態。なかなかのローアングル。

脚の長さは5段階調整可能

f:id:donchan922:20160311232046j:plain

それぞれの脚の凹んでいる部分を押すことで、脚の長さを5段階に調整できます。様々なポジションでの撮影ができそうですね。

f:id:donchan922:20160312000111j:plain

すべての脚を最大に伸ばした&開脚角度が55°の状態。

f:id:donchan922:20160311235849j:plain

すべての脚を最大に伸ばした&開脚角度が80°の状態。

他にもこんな特徴があるよ

f:id:donchan922:20160312000611j:plain

グリップ感がいい!手にフィットします。

f:id:donchan922:20160311231929j:plain

前面にある赤いロゴボタンを回すことで、雲台の位置を自由自在に変えられます。写真のように、カメラを横向きにセットすることで、縦位置撮影も可能です。

f:id:donchan922:20160312000544j:plain

三脚の脚の先には、すべりどめがあるので、安定してカメラを支えられます。

実際に装着してみた

f:id:donchan922:20160311231132j:plain

お気に入りのミラーレス一眼のE-PL6に装着してみました。取り付けも簡単で、三脚も安定しています。三脚の耐荷重は2.5kgなので、ミラーレス一眼だと問題なく取り付けられますね。一眼レフカメラにも対応できるみたいです。

ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN Lite E-PL6 EZダブルズームキットを購入したので、試し撮りしてみました

登山中に使ってみた

f:id:donchan922:20160312113041j:plain

ということで、実際に登山にPIXI EVOを持って行きました。軽くてコンパクトなので、リュックに詰めて出かけるのも負担にならなかったです。今回は、滝を撮るのに使ってみました。自然の中でもこの三脚は映えますね。

山頂の巨岩から大パノラマが拝める「交野山」に登山してきた


f:id:donchan922:20160312113249j:plain

撮った滝の写真がこちら。シャッタースピードを遅くして、滑らかな水の流れを表現しました。綺麗に撮れた!

まとめ

ManfrottoのPIXI EVOは、これからもお世話になること間違いなしの三脚ですね。旅に持って行ってどしどし写真撮ろうっと!