読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術を磨くだいぱんまん

ごはんと自由が大好き。

日本三大山城の1つがある、ロマンあふれる高取山に登山してきた

おでかけ-登山 おでかけ

f:id:donchan922:20161105003846j:plain

2016/7/29更新

こんにちは、だいぱんまん(@donchan922)です。

日本三大山城の1つがある、高取山に登山してきました。山城とは、山の地形を利用して築いた城のことです。山道に入るまでの城下町らしいたたずまい、山中にある謎めいた猿石、頂上のロマン溢れる高取山&高取城跡。興味深いスポットがたくさんあり、楽しく登山できました。

今回は、そんな高取山をご紹介。

登山ルート

壺阪山駅⇒(5分)⇒城下町高取⇒(50分)⇒登山道⇒(10分)⇒高取城阯⇒(1分)⇒七曲り⇒(30分)⇒猿石⇒(20分)⇒高取山⇒(100分)⇒壺阪山駅

合計:4時間半(休憩含む)


壺阪山駅

f:id:donchan922:20161104220942j:plain
壺阪山駅までは、天王寺駅から近鉄吉野線で約50分。壺阪山駅前はのどかな風景が広がっています。この日は天気が良くて、絶好の登山日和でした。

f:id:donchan922:20161105003850j:plain
壺阪山駅の改札を抜けた駅構内に、壺阪〜高取までのコースをまとめた「てくてくまっぷ」が無料で配布されています。これを持っていけば、道に迷うことはないはずです。

f:id:donchan922:20161105003823j:plain
てくてくまっぷは、手書き風の地図で、道標やその説明が細かく書かれているのでわかりやすいです。この地図、おすすめです。

f:id:donchan922:20161105003824j:plain
駅を出た後は、「高取町 観光とくすりの町」の看板方面にまっすぐ進み、道路を渡ります。

城下町高取

f:id:donchan922:20161105003826j:plain
道路を渡った先に案内板があります。そこを右に曲がり、道なりにずーっと進みます。

f:id:donchan922:20161105003825j:plain
ここの道は昔、2万5千石の城下町として栄えたようで、今もその名残が感じられました。城下町らしいたたずまいで、石畳の道や、古い家並みが続きます。

f:id:donchan922:20161105003827j:plain
石畳の道上のところどころに、写真のようなタイルがあります。「くすりの町」として有名な高取町ならではの取り組み。タイルには、草花の絵とその薬効が書かれています。キキョウ、クズ、ナンテンなど、たくさんの種類がありました。

f:id:donchan922:20161105003828j:plain
古民家風のカフェのまちゃぽ。ここらで一休みしていくのもいいですね。

f:id:donchan922:20161105003829j:plain
街の駅、城跡。道の駅的なところなのかな。ちなみに、奥に見えるのが高取山。昔は、頂上に立派なお城が見えたのかな。

f:id:donchan922:20161105003831j:plain
公衆トイレもありますよ。中は綺麗でした。

f:id:donchan922:20161105003832j:plain
城下町を抜けると、道が開けてきます。山っぽくなってきましたね。

f:id:donchan922:20161105003834j:plain
山道になる手前のところに、自動販売機があります。ハイカーとしてはありがたいですが、夏にホットはいらないかな……

登山道

f:id:donchan922:20161105003835j:plain
駅からここから約1時間。ようやく、登山本番!

f:id:donchan922:20161105003836j:plain
アブやハチなどの害虫に注意の看板。長袖・長ズボン着用推奨です。山中にミツバチはいましたが、アブやスズメバチには遭遇しませんでした。僕が運いいだけ?

高取城阯

f:id:donchan922:20161105003837j:plain
登山道に入ってから約10分で、高取城阯(たかとりじょうあと)の史蹟が右手に見えます。

七曲り

f:id:donchan922:20161105003838j:plain
高取城阯の史蹟からすぐのところに、七曲りの看板があります。ここからは、くねくねと曲がりくねった道が続きます。

f:id:donchan922:20161105003839j:plain
「そろそろ疲れてきたな」と感じた頃にベンチが発見。この後もところどころにベンチがあるので、休憩スポットには困らないはず。このあたりは、野鳥の鳴き声がよく聞こえてきました。特に、ウグイスの「ホーホケキョ」という鳴き声は心が休まります。

猿石

f:id:donchan922:20161105003841j:plain
くねくね続く七曲りを抜けると、今にもウキッと言わんばかりの「猿石」がお出迎え。元禄年間に明日香村で発掘され、運ばれたらしいです。なんでしょう、この風貌。不思議……

ちなみに、猿石の後ろにもベンチがあります。

f:id:donchan922:20161105003840j:plain
顔のアップもご覧あれ。よく見ると、可愛らしい。

高取山

f:id:donchan922:20161105003842j:plain
猿石から20分で高取山山頂に到着。今はなき高取城は、石垣だけが残っている広場になっています。手入れはほとんどされていないようでした。

f:id:donchan922:20161105003843j:plain
高取城は日本三大山城の1つとして有名です。ちなみに、他の2つは美濃岩村城と備中松山城。山にお城建てるとか男のロマンだよなあ。

f:id:donchan922:20161105003844j:plain
高取山山頂(高取城本丸)がある石垣。それを守るように、巨大な木々が周りを囲んでいます。

f:id:donchan922:20161105003845j:plain
最近話題のチェーンソーアートで作られた熊と高取城。いざ、本丸へ!

f:id:donchan922:20161105003847j:plain
案内通りに進むと、高取山三角点を発見。ここにお城が建っていたんだろうなと思うと、感慨深いですね。城主になった気分。

f:id:donchan922:20161105003848j:plain
山頂から見える景色。ここからは、吉野・大峰などの山々が一望できます。

f:id:donchan922:20161105003849j:plain
下山は、来た道を引き返しました。城下町で、登山を頑張ったご褒美のアイスクリームを頬張りました。奥に見えるのはトトロ?

まとめ

  • 難易度:易
  • おすすめポイント
    • 高取の城下町を散策できる
    • 謎深い猿石を見られる
    • 山と城の両方を楽しめる

登山&ハイキングの記録は以下の記事でまとめています。

関西日帰りの山ベスト100選を僕の登山記録も兼ねて紹介する