読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術を磨くだいぱんまん

ごはんと自由が大好き。

「大阪みどりの100選」指定の妙見山に登山してきた【初谷コース】

おでかけ-登山 おでかけ

f:id:donchan922:20161105003919j:plain

2016/8/15更新

こんにちは、だいぱんまん(@donchan922)です。

大阪の能勢にある、妙見山に登山してきました。コースは、「大阪みどりの100選」に指定されている初谷コース。水と緑が豊かで、植物観察やバードウォッチング、沢渡りなど自然を満喫できるコースです。山頂からの展望もバッチシ!リフトやケーブルカーもあってもう大満足。

今回は、そんな妙見山をご紹介。

登山ルート

妙見口駅⇒(15分)⇒登山口⇒(80分)⇒車道⇒(15分)⇒妙見山頂への看板⇒(5分)⇒鳥居⇒(10分)⇒妙見山⇒(10分)⇒妙見の森リフト⇒(10分)⇒妙見の森⇒(5分)⇒妙見の森ケーブル山上駅⇒(5分)⇒妙見の森ケーブル黒川駅⇒(25分)⇒妙見口駅

合計:4時間50分(休憩含む)


妙見口駅

f:id:donchan922:20161105003851j:plain
妙見口駅までは、以下の電車を利用しました。ご参考にどうぞ。

  • 阪急梅田駅〜川西能勢口駅(阪急宝塚線:20分)
  • 川西能勢口駅〜妙見口駅(能勢電鉄妙見線:27分)

f:id:donchan922:20161105003852j:plain
これは能勢妙見・里山ぐるっとパス。阪急電鉄+能勢電鉄が1日乗り放題になるお得な切符です。大人1人1,500円。カメとウサギが可愛らしい。

ちなみに、記事の後半でご紹介する妙見の森リフト&ケーブルも乗り放題です。

f:id:donchan922:20161105003920j:plain
駅の改札を抜けると、左右に分かれる道が見えます。初谷コースは右の道です。ちなみに、分岐点に設置されている看板にもコース別の方向が書かれています。

f:id:donchan922:20161105003853j:plain
道なりに進んで、信号が見えたら渡ってまっすぐ進みます。夏の田舎って感じの風景。

f:id:donchan922:20161105003854j:plain
初谷コースと天台山コースの分かれ道。今回は初谷コースで妙見山を目指します。

登山口

f:id:donchan922:20161105003855j:plain
駅から15分ほどで登山口に到着。ここからの山道は、写真のような緊急速報ポイントという案内板をたどっていけば迷うことはないです。そもそも分かれ道もなかったので、遭難する心配はないでしょう。

f:id:donchan922:20161105003856j:plain
山道はほとんど川沿いになっているので、夏でも涼しく登山できました。写真のように、沢渡りをする場面もたびたびあるので、注意して進みましょう。

f:id:donchan922:20161105003857j:plain
川の上流部は植林地になっていて勾配が急です。川沿いの涼しさがなくなるのも辛いところ。

車道

f:id:donchan922:20161105003858j:plain
登山口から約80分で車道に到着。登山道で怪我人がでたらしく、救急隊の車がありました。焦らず慎重に登山しましょう。

ここからは、妙見山の方向に進みます。

妙見山頂への看板

f:id:donchan922:20161105003859j:plain
道なりに歩いて行くと、写真のような看板が見えてくるはず。妙見山頂方向に進みます。頂上まであともう少し。

f:id:donchan922:20161105003900j:plain
ここにきて急な階段。体力的にキツイ…

鳥居

f:id:donchan922:20161105003901j:plain
妙見山頂への看板があるところから、歩くこと5分。大きな鳥居が現れます。ここまでくれば妙見山はすぐそこ。

妙見山

f:id:donchan922:20161105003902j:plain
ここが妙見山の入り口。神聖な雰囲気に包まれています。

f:id:donchan922:20161105003903j:plain
お参りしている人もちらほら。僕は登山の安全を祈願。

f:id:donchan922:20161105003904j:plain
開運祈願の馬みくじ。お馬さんがあちこちの方向に向いていて可愛らしい。お土産にいかが。

f:id:donchan922:20161105003905j:plain
さらに登って行くと「星嶺」と呼ばれる信徒会館があります。そこからの展望は最高。大阪湾、生駒山系、六甲山系、北摂の山々も一望できます。

休憩スポットでもあるので、ここでお昼を取るのがおすすめ。

f:id:donchan922:20161105003906j:plain
展望を楽しんだ後は、三角点を目指します。まずは、「星嶺」から写真のような道を下ります。下っていくと、三角点方面に行く案内板が左手に見えてきます。

f:id:donchan922:20161105003907j:plain
可愛らしい三角点です。妙見山登頂達成!

妙見の森リフト

f:id:donchan922:20161105003908j:plain
先ほどの道に戻り、さらに下って行くと妙見の森リフトのりばの看板が見えてきます。

f:id:donchan922:20161105003909j:plain
こちらが妙見の森リフト。こういう乗り物大好きです。

f:id:donchan922:20161105003910j:plain
左右にあじさいが並んでいて綺麗。ぶらぶら揺られながらとことこ進んでいきます。

妙見の森

f:id:donchan922:20161105003912j:plain
リフトを降りた先は、妙見の森バーベキューテラス。手ぶらでもBBQができるそうです。こんな景色がいいところで食べるお肉は最高だろうな。

f:id:donchan922:20161105003919j:plain
妙見山の山頂より、ここからの景色の方が綺麗でした。青と緑と白。

f:id:donchan922:20161105003911j:plain
妙見山の自然の恵み、妙見の水。ナチュラルミネラルウォーターなので、ガブガブ飲んじゃいましょう。

妙見の森ケーブル山上駅

f:id:donchan922:20161105003913j:plain
妙見の森の坂を下って行くと、妙見の森ケーブル山上駅があります。リフトの次はケーブルカー。

f:id:donchan922:20161105003914j:plain
登山する上での楽しみの1つでもあるケーブルカー。楽に下山できて景色を楽しめるのがいいところ。今回は乗車人数が多くて、景色が観られなかったのが残念。

今まで1番よかったケーブルカーは、比叡山にあるものですね。

古都京都の町並みを一望できる比叡山に登山しに行った

妙見の森ケーブル黒川駅

f:id:donchan922:20161105003915j:plain
5分足らずで楽しいケーブルの旅は終了。ここからは、出発点の妙見口駅まで歩きます。

f:id:donchan922:20161105003916j:plain
黒川駅の改札を出て、左右に別れる道を左に曲がります。そこから写真のような道が続くのでみちなりに進んでいきます。途中、案内板もあるので妙見口駅まで迷うことはないでしょう。

妙見口駅

f:id:donchan922:20161105003917j:plain
黒川駅から25分程度で妙見口駅に到着。今回も無事下山できました。

まとめ

  • 難易度:易
  • おすすめポイント
    • 登山道は川沿いを進むので、夏でも涼しい
    • リフトとケーブルカーがある
    • 妙見山と妙見の森からの景色が素晴らしい

登山&ハイキングの記録は以下の記事でまとめています。

関西日帰りの山ベスト100選を僕の登山記録も兼ねて紹介する