技術を磨くだいぱんまん

散歩とインターネットが大好きなシステムエンジニア。暮らしのお役立ち情報や日々の出来事を発信しています。

Raspberry Pi 3にRASPBIAN JESSIE WITH PIXELをSSH経由でセットアップする方法

f:id:donchan922:20170601231914j:plain

こんにちは、だいぱんまん(@donchan922)です。

からあげさんのブログを見てたら無性にRaspberry Pi(ラズベリーパイ、通称:ラズパイ)が欲しくなってついに買ってしまいました。甘くておいしいやつではなく、超小型コンピュータのことです。
Raspberry Piで作ったもの・やったことまとめ - karaage. [からあげ]

これで電子工作できる!とその前にRaspberry Piのセットアップをしなくては。あいにく自宅にディスプレイとマウスとキーボードがなかったのでSSHを使ってセットアップしてみました。いわゆるヘッドレスインストールというものです。

ということで今回は、Raspberry Pi 3にRASPBIAN JESSIE WITH PIXELをSSH経由でセットアップする方法をご紹介します。

準備するもの一覧

f:id:donchan922:20170601194709j:plain
すでにPCがあることを想定しています。ちなみに今回のセットアップはMacBook Air (11-inch, Mid 2013, macOS Sierra v10.12.5)を使用しました。以下、準備したものです。

Raspberry Pi 3 Model B

今回の主役。これがないと始まりません。ケースがあるとなにかと安心なのでこちらを購入。Raspberry Pi 3はWi-FiやBluetoothを内蔵しているのがいいですね。それにしてもRaspberry Pi 3が入っている紙袋が可愛い。

microSDカード

Raspberry Pi 3ではOSをmicroSDカードに書き込んで使用します。最低8GB必要、16GBあれば十分かと。Raspberry Pi 3とmicroSDカードの相性はシビアなので、動作確認報告があるものを選びましょう。ちなみに今回は上記のmicroSDカードを使って正常動作することを確認しました。

参考までに以下リンクで動作確認報告があがっています。
RPi SD cards - eLinux.org

SDカードリーダ

PCにmicroSDカードを読み込ませるやつ。PCにSDカードリーダが備えつけられていればこちらは不要です。

ACアダプタ&USBケーブル

Raspberry Pi 3の推奨電源は2.5A。あまり見かけない電源容量です。iPadの充電器でも代用できるみたいですが、やはり公式が安心ということでこちらを購入。USBケーブルも付属しています。

LANケーブル

Raspberry Pi 3とパソコンをLANで繋いでセットアップします。

Thunderbolt-ギガビットEthernetアダプタ

www.apple.com

LANポートがある一般的なパソコンであれば必要ありません。MacBook AirにLANポートがなかったので購入しました。


Thunderbolt-ギガビットEthernetアダプタを含めないと、合計約1万円でした。自宅にあるSDカードを使ったり、iPad用の電源を代用したりするともっと安く済ませられそうですね。

OSをダウンロードする

f:id:donchan922:20170601225629p:plain
以下公式サイトから今回使うOS「RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL」のZIP版をダウンロードします。バージョンは現時点で最新のApril 2017(2017-04-10)を用います。
Download Raspbian for Raspberry Pi

公式サイトが重たいときは以下のミラーサイトからダウンロードしましょう。10分ほどでダウンロードできました。
Index of /pub/raspberrypi/raspbian/images

microSDをフォーマットする

SD Formatterというソフトを使ってmicroSDをフォーマット(初期化)します。操作は簡単。WindowsとMacに対応しています。
SD Card Formatter - SD Association

以下手順です。

f:id:donchan922:20170601202838p:plain
SD Formatterを起動すると自動でカードを認識してくれます。あとは「クイックフォーマット」を選択し、「フォーマット」ボタンを押すだけ。数秒で完了します。簡単ですね。

microSDにOSを書き込む

Etcherというソフトを使ってダウンロードしてきたOSをmicroSDに書き込みます。マルチOS対応で操作もすごく簡単なすごいやつ。
Etcher

以下手順です。

f:id:donchan922:20170601202846p:plain
「Select image」を選択し、さきほどダウンロードした「RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL」のZIP版を選びます。ZIPのままmicroSDに焼けるのはいいですね。

あとはmicroSDのドライブを自動で選んでくれるので、最後に「Flash!」を選択するだけ。10分ほどでmicroSDにOSを入れることができました。簡単!

ssh接続するために空ファイルを作成する

以前はこれで準備完了!だったんですが、2016/11/25からセキュリティの関係で初期設定はSSH接続が無効化されています。
Raspbian 2016-11-25リリース | Japanese Raspberry Pi Users Group

でも大丈夫、SSH接続をセットアップ時に有効化する方法もきちんと用意されています。以下その手順です。

microSDの/bootディレクトリにsshという空ファイルを作成します。これにより、Raspberry Piの起動時にSSH接続を有効化してくれます。

以下コマンドでsshという空ファイルを作成します。Windowsならエクスプローラの該当ディレクトリ上で右クリック新規作成テキスト文書で簡単に空ファイルを作成できます。Windowsいいな。。

$ touch /volumes/boot/ssh

機器を接続して初期設定をする

f:id:donchan922:20170602232649j:plain
機器を接続するとこんな感じになります。以下初期設定です。

以下コマンドでSSH接続します。初期のIDはpi、パスワードはraspberryです。ホスト名で指定してやればわざわざRaspberry Pi 3のIPを確認する必要がないので便利ですね。

$ ssh pi@raspberrypi.local

うまくSSH接続できれば以下コマンドが表示されます。

pi@raspberrypi:~ $ 

これでひとまず初期セットアップは完了です。CUIは嫌!ラズパイの画面をGUIでリモートで操作したい!という人は、引き続きVNC接続(リモート接続)の設定をしましょう。RASPBIAN JESSIE WITH PIXELには標準で「RealVNC」というVNCサーバがインストールされています。今回はこれを使います。以下手順です。

VNCでリモート接続する

以下コマンドを実行し、Raspberry Pi 3のコンフィグ画面を表示します。

$ sudo raspi-config


f:id:donchan922:20170602221858p:plain
こちらがそのコンフィグ画面です。「5 Interfacing Options」を選択します。


f:id:donchan922:20170602221902p:plain
「P3 VNC」を選択します。


f:id:donchan922:20170602221909p:plain
「Yes」を選択します。これでRaspberry Pi 3側でRealVNCサーバが起動します。続いて、以下サイトでPCにRealVNC Viewerをインストールします。

Download VNC Viewer | RealVNC


VNC接続に必要なRaspberry Pi 3のIPアドレスを確認します。以下コマンドを実行し、inet addr:の後に続くのがそれです。

$ ifconfig eth0


f:id:donchan922:20170602231431p:plain
最後にPCにインストールしたRealVNC Viewerを起動し、Raspberry Pi 3のアドレスを以下のように入力します。初期ポートは5900です。


f:id:donchan922:20170602231435p:plain
初期のUsernameはpi、Passwordはraspberryです。

f:id:donchan922:20170602233028p:plain
RASPBIAN JESSIE WITH PIXELの画面が表示されるとVNC接続完了です。これでGUIで好きなようにラズパイを操作できますね!

f:id:donchan922:20170601231914j:plain
これで初期セットアップ完了とします。あとはWi-Fi有効化なり日本語化なりご自由に設定して下さい。お疲れさまでした!