技術を磨くだいぱんまん

散歩とインターネットが大好きなシステムエンジニア。暮らし、おでかけ、テクノロジーについて書いています。

「みんなのラズパイコンテスト2017」で○○賞をいただきました

f:id:donchan922:20171116183353j:plain

こんにちは、だいぱんまん(@donchan922)です。

今年の夏に応募した「みんなのラズパイコンテスト2017」でスタートダッシュ賞をいただきました!応募した作品やコンテストの内容については以下記事をご覧ください。

みんなのラズパイコンテスト2017に応募しました - 技術を磨くだいぱんまん

賞を取れたなんてすごい!

なんてはしゃいでいたら実はこの賞、作品の内容については関係なく、早めに応募した人の中から抽選で送られる賞のようです。でも賞は賞!ということで記念に記事にしてみました。

賞品がこちら!

f:id:donchan922:20171116183239j:plain
スタートダッシュ賞の賞品は以下のとおりです。

  • Amazonギフト券(1,000円分)
  • みんなのラズパイコンテストステッカー

個人的にこのステッカー気に入っています。参加した感があっていいですね。記念にMacにでも貼ろうかな。

受賞者の作品について

受賞者の方の作品は公式サイトで公開されています。今はタイトルだけしか公開されていませんが、「手のひらサイズ自動運転車」や「カードシャッフル装置」、「卓上で使えるお掃除ロボット」などアイデア溢れる作品ばかり。

グランプリ賞の作品については別記事でまとめられていて興味深かったので一部引用してみます。

グランプリを受賞したのは竹井英行さんの「息子の成長を見守るカメラ&泣き止む音楽再生機能付き自作メリー」だ。これはベビーベッドに取り付け、赤ちゃんを楽しくさせる「ベッドメリー」の制御をラズベリーパイとArduinoというコンピュータボードで行うもの。

 ベッドメリーに取り付けられた赤ちゃんの好きなぬいぐるみを回したり、特別な音楽を再生することで赤ちゃんが泣くのを減らせるという。小型カメラも搭載されており、赤ちゃんの様子を見守ることも可能だ。工夫している点は、竹井さんの奥さんも簡単に使えるように、音で動作状態を知らせ、ボタンで簡単に操作できるようにしたことだ。

ラズパイは育児もできる!ラズパイコンテスト授賞式 - 日経トレンディネット


他の受賞作品についても、雑誌ラズパイマガジン2018年2月号で1つずつ紹介されるようなので興味のある方は手に取ってみては。

まとめ

自分は応募時の説明欄に「詳しくはブログを見てください」という一言とそのURLを載せただけなので申請に5分もかからなかったと思います。そんな自分でも賞をいただけるラズパイコンテスト素敵です。最近はRaspberry Piを触っていないのですが、賞をいただけたことだし重い腰を上げて何かしてみようかなと思いました(思うだけの可能性大です)。

ラズパイコンテストは毎年開催されていておそらく来年も開催されるはずなので、「Raspberry Piで何か作ってみようかな」という方は是非応募してみては。

みんなのラズパイコンテスト |ラズパイマガジン、 日経Linux、日経ソフトウエア 主催